I BONSI

商品

広大なオリーブ畑と歴史ある製造所を持った素晴らしいロケーション

テヌータ・イ・ボンシはルネサンス発祥の地として知られるフィレンツェから35キロほど南に位置する、ヴァル ダルノという街にあるオリーブオイル専門の生産者です。

標高400メートルほどの丘の上に約300ヘクタールの広大な土地を所有しており、そのほとんどがオリーブ畑として利用されています。
製造所となっている建物には長い歴史があります。
元は1400年代にボンシ・デッラ・ルオータというフィレ ンツェ出身の一族が建設した邸宅で、17世紀にはフィレンツェのカルメル会の修道院として利用され、19世 紀にはブディーニ・ガッターイ家が所有、その後ネオゴシック様式で改築され現在の形となりました。
彼らはこの素晴らしいロケーションを活かオリーブオイルの生産だけでなく、アグリツーリズモとして旅行者が宿泊できる施設も併設しています。

過酷な条件下でも、自然を尊重し、この土地ならではのクオリティを追求

テヌータ・イ・ボンシでは、オリーブの栽培、収穫、生産に至るまでの全ての工程を敷地内で行なっており、こ の土地ならではの個性あるオリーブオイルを生み出しています。

73ヘクタールに15,000本の木を植樹。太 陽がよく当たるよう南向きの斜面に植えられています。土壌は砂や石灰分が少ないのが特徴です。 冬は非常に寒く、夏は酷暑になる温度差の激しいこの土地の気候は、オリーブを育てるには過酷な条件では ありますが、植物の寄生虫の繁殖を妨ぐという面ではメリットとなっています。
できる限りパーフェクトに近い 高品質なオリーブの実となるよう、土壌学や気象学の観点においても、自然をリスペクトしながら、丁寧に手入れをし、オリーブを育て上げているのです。 そして伝統的な方法にのっとりつつ最新の機械を用いて収穫。収穫後4~6時間の間に、敷地内の圧搾所で 約27度に保ちながらコールドプレスにかけます。
このようにして最高品質のトスカーナ産オリーブオイルを造り続けているのです。

LINE UP

LAUDEMIO

LAUDEMIO

LAUDEMIO

ラウデミオとは、トスカーナ州中央部の丘陵地帯で生産されるオリーブオイルの品質を守るために生産者組合「リ・オリバンティ(gli olivanti)」によって制定された厳しい基準に合格したエクストラヴァージン・オリーブオイルのことです。
収穫は10月末から11月にかけて実施。収穫後4~6時間以内に搾油作業を行うため、搾りたての新鮮な風味が特徴となって表れます。フルーティーな香り、新鮮なグリーンの青さ、摘みたてのオリーブの実やアティチョーク の香りが感じられます。始めはしっかりとした辛味、次第に程よい苦味が口の中に広がります。エメラルドグリーンの深みのある緑色の色調で、豆料理やスープ、グリルした肉料理 などによく合います。

生産者 イ・ボンシ
産地 トスカーナ
品種 フラントイオ種70%、
モライオーロ種20%、
レッチーノ種10%
賞味期限 18カ月
内容量 250ml

I BONSI

I BONSI

I BONSI

収穫は10月末から11月にかけて行われます。収穫後はできるだけ早く搾油作業をするため、搾りたての新鮮な風味が特徴となって表れます。オリーブの実は少ない水量で洗浄され、抗酸化成分などの栄養分や香りが損なわれないように十分な注意を払って作業が行われます。 味わいは、最初はしっかりとしたオリーブの青みが感じられ、最後には程よい辛味が残ります。色調はトスカーナらしいゴールドグリーン。野菜料理やサラダなどによく合います。

生産者 イ・ボンシ
産地 トスカーナ
品種 フラントイオ種70%、
モライオーロ種20%、
レッチーノ種10%
賞味期限 18カ月
内容量 500ml